スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

バルセロナのスタートアップ事情(2)

2015.03.26 Thu

日本に帰って来て、スタートアップと言えばシリコンバレーで、欧州のスタートアップって殆ど知られてないなと知りました。なので、欧州、特にバルセロナのスタートアップに関する記事を書こうかと思って書いてる記事の第2弾。

今回はデータを用いてどのくらいバルセロナがスタートアップ盛んなのかを調べてみたいと思います。


(1)ヨーロッパ内でのスペインの立ち位置

VCinEurope.png

欧州でのスタートアップへの投資の大きさ。
テック系が有名なイスラエルが1位、ベルリンを擁するドイツが2位。
以下、ロンドンを擁するイギリス、アムスを首都とするオランダ、フランス、そして(我が)バルセロナがあるスペインと続いています。
個人的にはフランス5位が意外です。どこか盛んな都市あるのか、パリの経済規模が大きいのか。。。

こう見るとスペインのスタートアップへの投資規模って欧州でもそんなに大きくは無いですよね。ドイツの4分の1、イギリスの3分の1ですから。ちょっと残念です。

まあしかしこのブログの目的はバルセロナのスタートアップ事情を綴ることですので、私は気にせずに書こうかと思ってます。笑


(2)スペイン内部での投資事情
①地理的な観点


結論から言えば、
スペインでのスタートアップはカタルーニャとマドリードに二極集中
こう言って良いでしょう。
しかし結論だけ先に言うとかなり当たり前っぽいので、ちゃんととデータを見てみたいと思います。

先ずはPEやVCなどファンド全体がスペインのどの地域に投資しているかを見てみましょう。

VCinSpain1A.png


図はPEやVCなどファンド全体がスペインのどの地域に投資しているかを表しています。スペイン全体への投資額を100として、どの地域にどれくらいの額投資されているかを示しています。
ここから言えるのは、まあやはりという感想なんですが、マドリードとバスクとカタルーニャが3強ということ。やはりと言えばやはりです。(※ちなみにバルセロナはカタルーニャ州にあります)

この3地域はスペインでも経済的産業的に栄えている地域です。そしてこの比率は他の地域との相対的なものですので、大型案件があると比率は大きくなりますよね。大きい会社がある地域の数字が大きくなるのは当然のことかと。

ちなみに、2013年では、マドリードではSantander Asset Management や Dorna Sports (MotoGPの会社)の投資が大きい。バスクでは水処理会社のBefesaへの額が大きい。そしてカタルーニャでは医療系のCentro Médico Teknon(私もこの病院にお世話になりました…)や、IT系の会社であるSoftonicへの投資が大きかったようです。

ただし、図には書いてませんが、投資件数としてはカタルーニャは最大とのことです。

(参考)投資件数:
カタルーニャ133件
マドリード107件
バレンシア37件(額としては2.2%しかないのに!)
アンダルシア34件(額としては0.2%しかないのに!)
バスク33件


さて、投資全体としてはカタルーニャへの投資額はマドリードの半分ですが、それにしては件数が多いということから、小さい企業への投資が推測されます。今度はVCの投資額を見てみましょう。

VCinSpain2A.png

図はVCがスペインのどの地域に投資しているかを表しています。スペイン全体へのVCの投資額を100として、どの地域にどれくらいの額投資されているかを示しています。

図ではバスクへのVC投資額が一気に下がって、カタルーニャとマドリードの二極となっています。この図からは、スペイン国内ではカタルーニャ(バルセロナ)に加えて、マドリードもスタートアップの盛んな都市と言えそうです。
(※ただ、私はあまりマドリードの事情は詳しくないので不明です。。。)


②資金源
よく言われるのですが、アメリカと違ってヨーロッパは政府系の資金が多いと言われています。
それが日本の事情と似ているという声も聞いたことがあります。
ここでスペインのVCへの資金源を見てみましょう。

VCinSpain6C.png

図はスペインでのVC、政府系VC、エンジェルの投資の数と金額。
VCの投資資金は横ばいだけどCDTIとENISA(※)という政府系の機構による投資やエンジェルからの投資は伸びています。また、CDTIとENISAによる投資の額や数は半分近くにも達しており、いかにスペイン国内での影響力が強いかが分かります。
これにCVC、例えば私が話を聞いたような銀行系のCVC等も加えると、政府系や金融系からの投資がかなりの割合を占めることになりそうだと推測されます。これはイノベーションという面では良いのかは不明ですが、スペイン人のちょっと保守的な気質から推測するに好ましい状態なのかもしれません。
なお海外からの投資も堅調で、2013年にスペインにVC投資をした20カ国のうち、14カ国が初の投資であったとのこと。

※CDTIはスペイン政府産業技術開発センター(Centro para el Desarrollo Tecnológico Industrial)
※ENISAはスペインの イノベーション支援機構(Empresa Nacional de Innovacion, S.A.)


③スタートアップの種類
最後に、スペインのスタートアップがどのような分野が多いかをご紹介します。

VCinSpain3.png


正直これは予想通りなのですが、1位はダントツでコンピュータやインターネット関連です。
やはり初期設備投資が大きくならないインターネット関連の起業は、他の「重い産業分野」に比べてハードルが低いこともあるのか、非常に盛んです。
バルセロナでもアプリ系やゲームのスタートアップがとても多かったです。

2位と4位にはバイオテクノロジーとファーマという、欧州が伝統的に強い分野があります。
3位の運輸は気になります。でも、バルセロナの交通局(TMB)の整い具合からするとそれも理解出来ます。
例えばですが、TMBのアプリは大変優れています。全メトロとバスの路線や時刻表が分かるだけでなく、バス停でも地下鉄でもあと何分でバス/電車が来るという表示サービスを、携帯電話のアプリ上で見られます。それもとても簡単に。現在位置で検索してくれたり、4桁のバス停コードを入力するだけで簡単に検索出来る。そう言ったサービスがとても盛んでした。
もしかしたらこういったところに用いられているのかもしれません。



そんなところでしょうか。

今回は余りバルセロナの話じゃなかったですが、(3)はバルセロナのスタートアップの実例、(4)はバルセロナのスタートアップを取り巻く環境(インキュベータ施設とか)を書いて行こうかと考えています。


※ちなみに、今回使用したデータはASCRI: The Spanish Venture Capital Association のサイトにあります。もしご興味あれば。


---

>>Read More

Category: 7. interest

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

バルセロナのスタートアップ事情(1)

2015.03.25 Wed

日本に帰って来て、スタートアップと言えばシリコンバレーで、欧州のスタートアップって殆ど知られてないなと知りました。なので、欧州、特にバルセロナのスタートアップに関する記事を書こうかと。


欧州はシリコンバレーのようなスタートアップが「超」集まっているような土地は無いのですが、それでも「スタートアップ向け」の土地というのがあります。その辺りも含めて紹介出来たら。


・欧州でスタートアップの「雰囲気」を持った都市とは??

スタートアップに限らず、その都市なり国が持つ「雰囲気」とか「空気」というのは産業にとって非常に重要です。
例えば、パリやミラノは服飾やデザイン、ラグジュアリーが盛んです。一方で北欧やオランダ・ドイツ発のラグジュアリー系のブランドというのは余り聞きません。例えばオランダやドイツの質実剛健の雰囲気とラグジュアリーが今一つマッチしないのは分かると思います。

スタートアップも同じだと思います。スタートアップの「雰囲気」を持った都市というのがあります。アメリカだったらシリコンバレー、欧州だったらスタートアップの盛んな都市は以下の記事が参考になると思います。

(参考)The 6 Top European Cities for Startups
http://tech.co/6-top-european-cities-for-startups-2015-01

このランキング、順位の上下はあるものの、大体現地に居た時の感覚に近いです。


・欧州での「スタートアップ向きの都市」としては、ベルリンが最も有名

1位ベルリンはそうでしょう。納得です。
「ベルリン スタートアップ」と検索するだけで記事が色々と出て来ます。欧州でも頭一つ飛び出していると思います。
東西冷戦の終結やベルリンの壁崩壊からの復興とそれに伴うインフラ整備、比較的安い家賃、英語を話せる人の割合の高さ、欧州各都市へのアクセスの良さなど、まさにスタートアップが発展する土地の多くを備えているように思えます。

(参考)クリエティブ都市・ベルリンのスタートアップが熱い理由
http://www.huffingtonpost.jp/the-new-classic/post_6500_b_4484073.html

(参考)ヨーロッパでのスタートアップでベルリンがイケてる理由
http://kawaji-s.com/mk/1004

(参考)ベルリンでスタートアップ!
http://www.newsdigest.de/newsde/regions/berlin/5751-es-ist-ein-startup-in-berlin.html


2位のブダペスト、3位のロンドンも、順位はともかくスタートアップが盛んな都市として知られています。
ブダペストはITへの投資が有名。そして安い労働力という長所があります。ロンドンは言わずも知れた金融都市ですし、それに伴うスタートアップが多いのでしょう。



・バルセロナ:オープンマインドが育むスタートアップのカルチャー

20150104234345add.jpg


そして4位のバルセロナ。
バルセロナがスタートアップに適した土地である理由はいくつかあります。
第一にあげられるのはオープンマインドでしょう。

そしてそれに大きく関わっているであろう要因が天気です。
バルセロナはシリコンバレーと同じ地中海性気候に属しており、1年中晴れています。私もバルセロナで暮らして痛感しましたが、気候によるストレスというのは実はかなり大きいです。バルセロナの気候に関しては文句の付けようがありません。天気ストレスフリーな生活は本当に良かったです。

そして人々をオープンマインドにさせるもう一つの要因が多様性です。
スペインには、南スペイン(アンダルシア)等の地方に言ったことある方なら経験あるかもしれませんが、保守的で人種差別的な空気が一部残っています。たまにリーガ・エスパニョーラで黒人選手が人種差別行為を受けることがありますが、ああいった事件を起こすような人もいるのです。)

一方でバルセロナには人種差別的な空気はほぼありません。コスモポリタンであること、観光都市で世界中からの来客に慣れていること、色々あると思います。
しかも人種差別どころか同性愛者にも大変寛容で、そこら中で男同士でも女同士でも(もちろん男女間でも)キスしています。
*ちなみに、これは当初かなりのカルチャーショックでしたが、慣れれば逆にこれが普通になりました。逆に日本に帰って来て同性愛者への非寛容性に驚いています。

政治的な観点から見ると、カタルーニャの独立志向という要因は欠かせません。
カタルーニャはスペインでも高い経済力を誇る地域ですが、もし独立しても当然他の欧州の国と比べて経済規模が小さいです。また、スペイン内でも圧倒的に栄えているというわけではありません。事実一人当たりのGDPの額はバスク地方の方が高いですし、失業率の高さは相変わらず問題です。つまり本当に独立したいのであれば、経済的にもきちんと自立する必要があるため、より殖産興業の必要があるわけです。


・外国人への門戸も開き始めたバルセロナでのスタートアップ

バルセロナでスタートアップを始めるにあたって最大の敵は法律、特にビザでしょう。
学生ビザですら超絶面倒かつ属人的な気まぐれ手続きに振り回されるスペインにおいて、何の財政的後ろ楯も無い起業家をすんなりと受入れるようになるのは時間がかかりそうです。また、あの超絶面倒な手続きはアントレ的な思考とは正反対のプロセスです。
ただ、以下の記事にあるように、スペイン政府は外国人による起業を支援するように、ビザの改善を始めるようです。徐々に変わって行くのかもしれません。

外国人起業家さん、いらっしゃい!スペインが「スタートアップビザ」新設
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41627

これ、実は私にも案内が来ました。
ESADE MBAを卒業すると、ESADEに併設されているインキュベータ施設を1年間使える+法的な手続きのサポートもしてくれるということで、数人のクラスメートは利用しているようです。
考えたらMBA前からバルセロナで起業したいと考えている人にとっては夢のような制度に見えるかもしれません。(もちろん、保守的な思考、従業員の生産性、英語を話せる人の割合の低さなどネガティブな面もたくさんあるのですが、それは別の機会に。。。)


この記事、タイトルに(1)と入れましたが、(2)以降は考えていません。例とか紹介したいなと思っていますが、適宜書きたくなったらアップします。


--

>>Read More

Category: 7. interest

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

朝には紅顔ありて夕べには白骨となる

2015.03.20 Fri

MBA後半から不幸が起こることが多くて、悲しくも今月もそうでした。

昔はお経や法話に特に興味関心無かったのですが、最近はちょっと変わって来たと思います。
その中でも、ありきたりですが、以下の言葉が耳に残ってます。

「朝には紅顔ありて夕べには白骨となる」

朝は顔色もよく元気だった者も、 夕方には急死して火葬され白骨となってしまう。
人はいつどのような時に、死がおとずれるかわからないという意味。



本当に、ここ半年で信じられない別れが何回もあったので痛感。
日々を精一杯生きる重要さを感じる今日この頃です。

あとは仕事始まるまでにできるだけ親孝行しておこうと思いますね。
3月最終週は実家に帰ることにしました。


--

Category: 1. Diary

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

機械や電機の分野への投資はどうすれば増やせるのだろう?(結論無し)

2015.03.08 Sun

帰国して家を決めてそろそろ引越しです。
実家に残して来たものが若干あるのだけど、今回それらも全部片付けるということでかなり時間がかかってます。
まあこういうことは働き始めると難しいから仕方ないかな。

さて、はっきり言って結論のない話なのですが、機械や電機といった「重い」分野でのベンチャーや新規事業への投資を活性化させるにはどうすれば良いのだろうか?ということを考えていました。
まあ別にベンチャーや新規事業に限ったことじゃなくて、PEとかのファンドの投資もいいと思います。
(単に私が機械工学出身で、機械と電機の技術強いからという超個人的な理由で考えてます。)


というのも私がTerm4の授業や就職活動でVCやPEの方から話を聞いたときに、機械や電機(たぶん化学も)といった「重い」分野の企業へは投資を控えられる傾向にあると感じたのです。

VCだったらITがメインになるし、PEだったら消費材とか食品が好ましいというイメージ。
MBAの授業でも、スペインのVCは80%くらいITで10-15%がファーマやメディカル、残りがその他って言ってました。だから日本だけでなくどこでも機械や電機、半導体、化学といった分野の会社って投資の対象になりにくいのではなかろうかと。

理由は、以下の2つが大きなものかなと感じました。3つめは推測です。
1.投資対象の技術が難し過ぎてよく分からない⇒そんな分け分からないものに投資はできない
2.設備投資に大層なお金(加えて時間も)がかかるので、回収のためにリスクが大きい⇒そんなリスクの高いものに投資はできない
3.リターンの少なさ?ファーマも1と2の両方に当てはまるけど、リターンが機械や電機と行った分野に比べて大きいと思う。


1に関しては技術バックグラウンドの人が投資サイドに行けばある程度は解決するのかなと思うんですよね。多分技術者で投資方面に行く人って本当にわずかでしょうけど(まあMBA行く人の少なさから見てもそんなに数は期待できませんが・・・)、理系の院を出て投資銀行とかのキャリアの人なら可能性ありそうですよね。

でも2に関してはどうなんでしょう。ここを引越し作業中に考えていました。まあ考えても仕方ないので、ちょっと情報収集して仮説を立ててみて、人に話をきいてみようかと思います。


あとは気になっているテスラの歴史(投資という意味で)を調べてみようと思いましたね。というか調べます。
自動車という「重い」分野でベンチャー立ち上げてあれだけ成功してるって凄い。投資する方もすごい。
私が機械工学出身なので、私の大学時代には電気自動車なんて技術的課題がたくさんで実用化はまだまだ遠いって空気でした。でも、細かくは色々あるかとは思いますが、今ではそれを解決してきて製品化してますからね。


以上、特に結論はないですが、簡単な更新でした。
引越しで当時のノートが出て来て、眺めてたら改めてこのテーマを思い出しました。ちゃんと覚えておこう。


---

Category: 4. ESADE MBA - 4.7 Term5

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

デザインシンキング(3) - Needs Findingのインタビュー

2015.02.25 Wed

旅の記事を多く書いてしまったけど、デザインシンキングの授業の内容に戻ります。
授業の3, 4回目はNeeds Finding。3回目と4回目の授業の間に宿題があったんだけど、その内容は「インタビューしてくること」。

しかし帰国直前でばたばたしているのにも関わらず、妻の家族が来るとかポルト〜サンチャゴ・デ・コンポステーラに旅行に行くとかしていたため、バルセロナでは宿題にあまり時間を取ることが出来ませんでした。なのでインタビューは旅行中にサンチャゴ・デ・コンポステーラでやることに。

・私がインタビューさせてもらった八百屋
201502251243176dc.jpg


しかしインタビューって私が最も苦手とする分野!しかもスペイン語!!
ただ、スペイン人は大抵話し好き(しかも外国人がスペイン語喋るとなんかとても喜んで話してくれる)なので、その辺りのフレンドリーさはインタビューする点ではプラスかも知れません。

さて、インタビューをする目的。
そもそも私たちの班のテーマはFoods waste。その中でも特に八百屋とかスーオパーマーケットでどれくらい「廃棄」が出るのかを特定しようというもの。
私たちはその中でも、「認識のギャップ」に注目していました。
つまり、店員とかは「廃棄」って思ってないものでも実は廃棄になってるとか、廃棄しないように頑張ってるんだけど結果が出ないとか、無意識的に廃棄にならないように工夫をしているかとか、そういった点をあぶり出せたらなと思ってました、インタビューはその一部として行いました。



で、八百屋でインタビュー開始(※これ全部スペイン語だからね!):
俺「こんにちは。ちょっと質問してもいいですか?」
店「どうぞ」
俺「ここらの野菜って全部ガリシア(※スペイン北西部)で採れたものなんですか??」
店「いや、殆どは輸入ものよ。この時期(※1月)だとガリシア産の野菜はキウイフルーツしかないわね。」
俺「(キウイフルーツなんて採れるんだ・・・)そうですか。それはそれは。しかし野菜や果物がありますが、仕入れはどれくらいの頻度で行っているんですか?
店「毎日ですよ。うちは新鮮な野菜や果物を提供することが店のウリなので。」
俺「毎日!それはすごい。でも野菜も果物も古くなったりしますよね。古くなった果物はどうなるんですか?捨てるんですか?」
店「いや、なるべく捨てないようにしているわ。実は果物や野菜のレイアウトに気を遣っているの。新しい果物や野菜は入り口の近くに置いてあるわ。形の良い野菜や果物はカウンターの近くにある。店の奥にある野菜や果物はあまり新しくないもの。これらのオレンジとかはセールになってるけど、形が悪くてもジュースにするなら別に問題ないわ。」
俺「(配置も関係するのか!しかも古くなってもジュースにするとか、活用方法があるのか!!)そうなんですね!確かにあそこのオレンジもジュース用って書いてありますよね。」
店「そうそう。ジュースにするならそんな問題ないからね・」
俺「ちなみに1日にどれくらいの果物や野菜を捨てるんですか?」
店「殆ど捨てないようにしているわ。」
俺「(あー、聞き方間違えたな・・)そ、そうですよね・・・」

以下、インタビューというか雑談は続く・・・
こんなんがインタビューなのか雑談なのかは分かりませんが、いい経験でした。ものすごく緊張した。。。


さて、このインタビューで興味深かった点は3つ。

・なるべく廃棄は少なくしたいと思ってる。でもその人が「出来る範囲で」努力されてるだけで、全体最適なのかは不明

例えば、店のレイアウト等によってなるべく売れ残り=廃棄が少なくなるように工夫されています。オレンジ1つとっても、新品は入り口近くで売って、古いのや形の悪いのは店内で値引いてジュース用にすればいいやって発想は無かったです。
ただ、入り口でも店内でも山になっているオレンジを見ると、そもそも仕入れの量がちがうのでは?と思うことあり。本当は仕入れについても聞きたかったんだけど、今回は店員が仕入れに関しては把握してないらしく、いい情報は聞き出せなかったです。逆を言うと、仕入れに関してはノータッチで、彼女ができる範囲でしか廃棄を少なくするようにしてないってことですね。


・観察はネタの宝庫

「観察する」っていうのがここまで洞察/仮説構築の強力なツールなのかと実感しました。
例えば、店員が暇な時に店を掃除しながら古くなった野菜が無いかチェックしていましたが、店の奥に古い野菜を置く意味って、チェックしやすいためというのもあるんじゃないか?という仮説が浮かんだりしました(実際そうらしい)。意識して観察すると、色々なことが見えて来ます。


・でも、結局「廃棄している」という意識はない。もしくは「廃棄しないように努力している」という意識が廃棄しているという事実を隠す。

これ結論。食べ物を捨てるって良いことなじゃない。だから人はそれを回避しようとする。実際はすててるんだけど、回避しようとしたから仕方ないとか、頑張ったから頑張らなかったより捨てる量が減ったとか思うんでしょう。
インタビューのやり方を間違った(聞き方がストレート過ぎたなと反省・・・)ので、これに関してはそこまで深くは掘れなかったけど、逆に店員の反応がこの結論を物語ってると思います。
正確にはデータが取れ無いと証明されたとは言わないのかもしれないだけど、簡単なインタビューでも感触は掴むことが出来ました。


初めてのインタビュー、余り上手くは行かなかったけど良い経験でした。日本語だともうちょっと深く聞けるのかな。それとも警戒されてダメなのかな・・・?

次回はNeeds Findingについて書こうかと。
授業でやったことやパリュープロポジションキャンバスについて書こうと思います。


---

Category: 4. ESADE MBA - 4.7 Term5

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

プロフィール

シャムロック

Author:シャムロック
機械工学専攻→メーカーでエンジニア。
2013年の夏からスペイン、バルセロナにあるESADE business schoolに通いMBA取得を目指します。
技術的なイノベーションに興味あり。エンジニアの経験を活かして、技術と市場をつなぐ人になれたらいいな。

あと旅人です。旅が好き。写真も好き。いつか写真を撮りながら世界中を旅したい。
写真:http://fotologue.jp/shamrockairways/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。