スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

授業開始!2

2013.09.14 Sat

授業が始まって思ったことがいくつか。

先ず、英語きっつい!!

まあそんなことは分かっていました。
MBAでTOEFLで100とれていても、出てくる内容がだいたい分かるTOEFLと違って、学校の授業は(私に取っては)全く予備知識が無いことを学びます。特に会計とか経済とか。
そして生徒とのディスッション。特にネイティブ同士の議論はついて行くだけで精一杯。


リスニングもリーディングもライティングもスピーキングも全部きついのですが、今回は特にリスニングについて。
よくリスニングで「聞いた英語を日本語に翻訳せずに直接理解出来るようになれ」と言われましたが、何故そういわれるかとても良く分かりました。

英語で授業を受けると以下の2ステップがあります。
 1.その英語を理解するステップ
 2.授業の内容を理解するステップ

1だけ要求されるのがTOEFLとかリスニングの試験。
2だけ要求されるのが日本の大学等での日本語での講義でしょう。

英語で授業受けると内容の理解までに上記の2つのプロセスになります。
そこでもし頭の中で英語を日本語に翻訳してたら、翻訳するステップが入るので、3ステップになっていまいます。

それはしんどい。
てか、無理っす。


TOEFLの時は余り気にせずに単に直接理解出来るように努力していましたが、今になってその重要性が分かりました。
それと、この重要性をちゃんと予測してMBA受験勉強するのが重要だったなと思ったり。後は合格してからも授業に合わせた準備をする必要があったなと思ったり。どうも将来になって困るシチュエーションを正確に予想出来てなかったな…と反省しました。
でも正直ちょっとのことじゃ変わらない気もする…


さて、どう考えてもしんどいと思ったので会計と経済は相当しっかりと予習しています。
1回目は参考資料が無かったのですが、2回目以降からは事前にプレゼンテーションの資料を上げてくれたり、教科書の参考ページを上げてくれたりしてくれます。
なので十分に教科書の内容は理解できるまで予習して望むことにしています。
でも1回の授業の半分の内容を予習するのに4時間とかかかるので、正直もうちょっと慣れて行きたいですね。


授業で発言しようとも思いますが、今まで3回の授業があって未だそこまで達してません。
Pre-termは1回の授業につき最低1回は発言することを目標にして予習復習に励もうと思います。
先制攻撃がいいみたなのでチャレンジしてみよう。


あー、頑張ろう!
(個別の授業についてはもうちょっと授業受けたら投稿します!)

Category: 4. ESADE MBA - 4-2. Pre-term & term1

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

シャムロック

Author:シャムロック
機械工学専攻→メーカーでエンジニア。
2013年の夏からスペイン、バルセロナにあるESADE business schoolに通いMBA取得を目指します。
技術的なイノベーションに興味あり。エンジニアの経験を活かして、技術と市場をつなぐ人になれたらいいな。

あと旅人です。旅が好き。写真も好き。いつか写真を撮りながら世界中を旅したい。
写真:http://fotologue.jp/shamrockairways/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。