スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

スペイン語集中コース3:文化の差異について

2013.09.03 Tue

今回はスペイン語集中コースを受けていて気づいたこと。
日本人だけでなく色々な国からの人に交じって授業を受けたので、いろいろな発見がありました。それらを紹介しようかと思います。


1.使用している「文字」の違い

1番はこれです!
日本人はひらがな/カタカナ/漢字を使います。
それに対して欧米人はアルファベットを使います。
この差は結構大きいと痛感しました。

私たちがある程度意味を持った漢字の羅列を簡単に覚えられるように、彼らも意味を持ったアルファベットの羅列を簡単に覚えられるんだと思います。
後はスペインと自分の国で同じ単語を使うということがあるっぽいです。
顕著な例は、結構ホームページのアドレス(WWWドット…ってやつ)を覚えていること。日本じゃあまりない気がする…


2.西洋の音楽/映画について全然知らない

2番目はこれ。
もちろんとても詳しい人もいるのでしょうが、私はそこまでハリウッドや洋楽に詳しい訳ではないです。
なんというか、自分の生きていた時代ならまだしも、自分が生まれる前の曲や映画、俳優女優となると全然話について行けませんでした。授業中の演習でも「これ誰?」ってことが結構ありました。
あとはスペイン語の曲についても全然知識がないと再認識させられました。ちなみに、私はシャキーラ程度しか知りませんでした。。。


3.外国語を学ぶ難しさは万国共通

1では使ってる言語について習得の速い遅いがあるとかきましたが、まあこの5日間では五十歩百歩だったと思います。
基本的な段階では、結局人は母語の影響から抜けきれないんだと思います。

例えば、アメリカ人の子は"un/una"が複数形になると"unos/unas"になること、形容詞も複数形になること、「日本人」のような英語では単複同形の名詞も複数形になることについて、とても苦戦しているようでした。
カナダ人は発音が常に英語読みで訂正されてました。まあ発音については仕方ないですね。

みんなで色々と試行錯誤しながらスペイン語を学ぶことは、クラスの一体感を出すのに良かった気がします。



(おまけ)
9時から始まって11時くらいに30分の休憩があります。その間は2階のカフェで軽食をとってました。フランスパンに挟まれたサンドイッチが1.5~2ユーロほどと破格でした。
コースの後半ではテラスに出て食べてましたが、日本人にはちょっと日差しが強くてしんどかったです。

IMG_0095_convert_20130901044904.jpg

Category: 4. ESADE MBA - 4-1. Intensive Spanish Course

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

シャムロック

Author:シャムロック
機械工学専攻→メーカーでエンジニア。
2013年の夏からスペイン、バルセロナにあるESADE business schoolに通いMBA取得を目指します。
技術的なイノベーションに興味あり。エンジニアの経験を活かして、技術と市場をつなぐ人になれたらいいな。

あと旅人です。旅が好き。写真も好き。いつか写真を撮りながら世界中を旅したい。
写真:http://fotologue.jp/shamrockairways/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。