スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

役所での手続き関係(出国時編)

2013.06.19 Wed

久しぶりにblogを更新しました。
最近は就職活動、仕事の追い込みと引き継ぎ、壮行会のラッシュとなってます。
そんな中、今日は半休を取って本を読んだりしてゆっくりしてました。


さて、出国時の役所関係の手続きについて聞いてきたのでまとめておきます。

私費MBAの人で退職して1年以上日本を離れる場合、住民票を抜くと思います。
また、退職して渡航する場合、年金や健康保険はどうするの??という疑問があります。
退職時期を決めるときにある程度調べてはいたのですが、改めて区役所で質問に答えてもらいました。

ケースとして、以下のスケジュールとします。
退職日    …7/31
実家に引っ越し…7/31
スペインへ出発…8/5


◆住民票
日本を出発する日である8/5付けでの海外転出届けを出す
こうすることで、8/5までは今住んでいる市町村に住民票があることになる。
別に実家の市町村に住民票を移してもよいとのことですが、
数日なら実家に戻さずに出国というやり方もあるとのことでした。
※手続き自体は出発の2週間前から可能とのこと。

注意!…住民票の「除票」をもらって海外(スペイン)に持っていく必要あり。


◆健康保険
7/31に退職の場合、8/1〜出発までは一週間もないので加入しない。

8/1から出発までの期間加入したければ、退職の翌日以降(私の場合は8/1以降)、
住んでいる市町村の役所の窓口で加入可能。

例えば6月末に退職で出国まで1か月以上ある場合は、健康保険に加入した方がいいのかもしれません。
私は健康保険の手続きが面倒臭いという理由が大きくて出国直前の7月退職にしました。
有給消化で半月くらいは休めるのでちょうどいいタイミングでした。


◆年金
(住民票を抜くので)退職後の手続き不要。
海外期間、任意加入を希望しなければ、お金の支払いもない。
帰国後に種別変更手続きが必要とのこと。


◆住民税
出発前に住民税の引き落とし口座を設定する。
引き落とし口座を設定するために銀行および役所に書類を提出します。
引き落とし口座の設定はいつでもできるので早めにやっておいた方が良いです。
なお、口座の設定のための書類には日本での連絡人の印鑑が必要なので、
私のように両親と離れて住んでいる人は余裕をもったほうがよいです。



実際に退職日を決める等の重要な決断時は、取る選択肢を洗い出してから
先に役所に行って手続き関係を整理しておくのが良いです。
ネットで色々と調べるよりは時間がかからずに解決すると思います。

海外に1年以上留学する場合は住民票を抜きますが、
1年未満の場合は住民票を抜くのか不明ですので、確認してみてください。

Category: 3. MBA受験後 - 3-1. スペイン渡航準備

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

シャムロック

Author:シャムロック
機械工学専攻→メーカーでエンジニア。
2013年の夏からスペイン、バルセロナにあるESADE business schoolに通いMBA取得を目指します。
技術的なイノベーションに興味あり。エンジニアの経験を活かして、技術と市場をつなぐ人になれたらいいな。

あと旅人です。旅が好き。写真も好き。いつか写真を撮りながら世界中を旅したい。
写真:http://fotologue.jp/shamrockairways/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。