スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

なぜESADEなのか??

2013.04.29 Mon

何故スペインのMBAのうちESADEなのか??

IMG_4812_convert_20130428151557.jpg


スペインには3つの有名なビジネススクールがあります。
マドリッドのIE、バルセロナのIESE(イエセ)とESADE(エサデ)。

私はそのうちESADEにとても惹かれました。
私がESADEに惹かれた理由を列挙してみようかと。


1.バランスのとれたカリキュラム

ESADEの授業は、前半講義+後半グループワークから成り立ってるものが多いと聞いています。
私はビジネス系の知識(経済、金融、会計、財政…)が全く無いので、
ある程度座学で知識を入れてからグループワークで実践できるカリキュラムを探していました。
なのでESADEのバランスのとれたカリキュラムは私にとって魅力的に映りました。


2.ダイバーシティ

ESADEの特徴であるダイバーシティ。
180人の学年で40-50か国の生徒が集まるとのことです。
私は今回が初の海外在住なので、色々な国/人の価値観にふれたいと思っていました。
そのためESADEのダイバーシティに富んだ生徒構成は魅力的に見えました。


3.協力的な雰囲気

こればかりは直感でしかないのですが、私はESADEの協力的な雰囲気が好きです。
就職活動と同じで、説明会に行くとその学校の雰囲気がとてもよくわかります。
またキャンパスビジットのときも在校生の皆さまに本当に親切にしていただきました。
こんな環境下で学びたいなと思えたのも理由の1つです。


4.フレキシブルな期間設定

ESADEの特徴として、12,15,18か月のコースが選べるというところがあります。
 (1年目の途中でどの期間通学するかの選択を行います)
私は会社を退職して私費でMBAを取りに行きます。
そのため転職活動としてサマーインターンは絶対に外せない条件でした。
しかし欧州の学校は1年間のところが多く、在学中にインターンができる学校は限られています。
ESADEで15か18か月を選べば在学中にインターンできそうです。


5.スペイン語

ESADEは1年生の9-12月にスペイン語の授業が義務付けられています。
しかもこのコースは妻も無料で受けられる!とのこと。
スペイン語を身につけたい私にとっても、外国語ができない妻にとってもいい機会です。
ちなみに1年目の1月からはオプションでスペイン語コースが取れますとのこと(1000-1500ユーロという話)
また、8月末(プレタームが始まる前の週)に1週間の集中スペイン語コースがあります(2013年度は450ユーロ)


インタビューの時はこれらをまとめて伝えました。
熱意はくみ取ってもらえたはずです。笑

Category: 2. MBA受験

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

シャムロック

Author:シャムロック
機械工学専攻→メーカーでエンジニア。
2013年の夏からスペイン、バルセロナにあるESADE business schoolに通いMBA取得を目指します。
技術的なイノベーションに興味あり。エンジニアの経験を活かして、技術と市場をつなぐ人になれたらいいな。

あと旅人です。旅が好き。写真も好き。いつか写真を撮りながら世界中を旅したい。
写真:http://fotologue.jp/shamrockairways/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。