スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

機械や電機の分野への投資はどうすれば増やせるのだろう?(結論無し)

2015.03.08 Sun

帰国して家を決めてそろそろ引越しです。
実家に残して来たものが若干あるのだけど、今回それらも全部片付けるということでかなり時間がかかってます。
まあこういうことは働き始めると難しいから仕方ないかな。

さて、はっきり言って結論のない話なのですが、機械や電機といった「重い」分野でのベンチャーや新規事業への投資を活性化させるにはどうすれば良いのだろうか?ということを考えていました。
まあ別にベンチャーや新規事業に限ったことじゃなくて、PEとかのファンドの投資もいいと思います。
(単に私が機械工学出身で、機械と電機の技術強いからという超個人的な理由で考えてます。)


というのも私がTerm4の授業や就職活動でVCやPEの方から話を聞いたときに、機械や電機(たぶん化学も)といった「重い」分野の企業へは投資を控えられる傾向にあると感じたのです。

VCだったらITがメインになるし、PEだったら消費材とか食品が好ましいというイメージ。
MBAの授業でも、スペインのVCは80%くらいITで10-15%がファーマやメディカル、残りがその他って言ってました。だから日本だけでなくどこでも機械や電機、半導体、化学といった分野の会社って投資の対象になりにくいのではなかろうかと。

理由は、以下の2つが大きなものかなと感じました。3つめは推測です。
1.投資対象の技術が難し過ぎてよく分からない⇒そんな分け分からないものに投資はできない
2.設備投資に大層なお金(加えて時間も)がかかるので、回収のためにリスクが大きい⇒そんなリスクの高いものに投資はできない
3.リターンの少なさ?ファーマも1と2の両方に当てはまるけど、リターンが機械や電機と行った分野に比べて大きいと思う。


1に関しては技術バックグラウンドの人が投資サイドに行けばある程度は解決するのかなと思うんですよね。多分技術者で投資方面に行く人って本当にわずかでしょうけど(まあMBA行く人の少なさから見てもそんなに数は期待できませんが・・・)、理系の院を出て投資銀行とかのキャリアの人なら可能性ありそうですよね。

でも2に関してはどうなんでしょう。ここを引越し作業中に考えていました。まあ考えても仕方ないので、ちょっと情報収集して仮説を立ててみて、人に話をきいてみようかと思います。


あとは気になっているテスラの歴史(投資という意味で)を調べてみようと思いましたね。というか調べます。
自動車という「重い」分野でベンチャー立ち上げてあれだけ成功してるって凄い。投資する方もすごい。
私が機械工学出身なので、私の大学時代には電気自動車なんて技術的課題がたくさんで実用化はまだまだ遠いって空気でした。でも、細かくは色々あるかとは思いますが、今ではそれを解決してきて製品化してますからね。


以上、特に結論はないですが、簡単な更新でした。
引越しで当時のノートが出て来て、眺めてたら改めてこのテーマを思い出しました。ちゃんと覚えておこう。


---

Category: 4. ESADE MBA - 4.7 Term5

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

シャムロック

Author:シャムロック
機械工学専攻→メーカーでエンジニア。
2013年の夏からスペイン、バルセロナにあるESADE business schoolに通いMBA取得を目指します。
技術的なイノベーションに興味あり。エンジニアの経験を活かして、技術と市場をつなぐ人になれたらいいな。

あと旅人です。旅が好き。写真も好き。いつか写真を撮りながら世界中を旅したい。
写真:http://fotologue.jp/shamrockairways/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。