スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

デザインファームDesignit バルセロナオフィス訪問(2) - デザインファームとは何か。デザインファームは戦略ファームやデザイン事務所はどう違うのか?

2015.01.29 Thu

(2)と(3)では私が実際にデザインファームのオフィスを訪問して考えたことや感じたことを書こうかと。
まだ色々と自分なりの答えを探し求めれている段階なので、意見がころころ変わるかもしれませんが、今の所のこう思っているということでメモがてら残しておきます。


1.デザインファームとは何か

そもそもデザインファームとはなんでしょうか?
私はこの質問に対して、もやっとした回答しか持ち合わせていませんでした。というかよく分かっていませんでした。

今の私なりの答えは、
「クライアントの戦略にマッチするように、プロダクトまたはサービスのデザインを提供する会社」
ってところでしょうか。

ここで、キーワードとして「戦略」「全体最適」があるんだと思います。


デザインファームの特徴として、企業の戦略にも立ち入るところがあるのだと思います。デザインだけなら従来のデザイン事務所でもいいはずです。ただ、これではデザインだけ良いという部分最適になることもあります。
デザインファームはここでクライアントの戦略に沿ったデザインを提供出来るから価値があるんじゃないでしょうか。デザインそのものは劣るかもしれないけど、戦略全体から見たら最適化されているという感じでしょうか。
また、ここでの戦略に「立ち入る」度合いは、戦略を「作る」というよりは「微調整する」という度合いなのでしょうか。


また、製品のデザインによって課題を解決するだけでなく、デザインに代わって他の手法の改善を提案することもあるようです。例えば、製品を売るために製品のデザインを改良するというのは1つの方法です。

しかし、売るための要素はデザインだけでしょうか?もしセールスの仕方やターゲットの選定がずれていた場合、製品デザインよりもそちらを変えた方が効果は上がりそうです。そういった点でのアドバイスやデザインもするようです。

また、法律が変わって意思決定者が変わった場合(例えば、欧州では医療機器の購入の意思決定者が、医師から病院のマネージャーに変わったとのこと)、アプローチの方法も変わります。
このような全体を見て最適な提案が出来ることが強みなのでしょう。

また、話を聞いた中で、初めにプロジェクトの解決方法に関わるstake holderを集めて話を聞いておくプロセスと取らないと後で問題になることがあるということが印象に残りました。
いくら良いデザインしても法律で引っかかったら製品として出せないように、事前にきちんと全体を押さえておくようです。



2.デザインファームは戦略ファームやデザイン事務所はどう違うのか?

まずデザイン事務所との違いについて。
これは部分最適を目指すか全体最適を目指すかの違いでしょうか。

例えば空港のロビーをデザインして下さいと言われた時に、ロビーをロビーとして最適なデザインするのがデザイン事務所。
それに対して、デザインファームはロビーをロビー単体で最適となるようにではなく、空港業務全体として最適になるようにデザインします。なので客の流れのような基本的なところから荷物のオペレーション、情報システムなどビジネス全体として最適になるようにロビーをデザインするのかなという理解です。

次に戦略コンサルファームとの違いについて。
これは全然違う気がします。デザインファームが製品やサービスのデザインを足がかりにして、デザインシンキングというプロセスを使って戦略のデザインをするのに対して、戦略コンサルファームは1から戦略を創り上げるという違いがあると思います。

デザインファームは戦略のデザインにも一部進出していますが、ここでは、
・製品やサービスのデザインを足がかりにして戦略のデザインをしている点と、
デザインシンキングというプロセスを使う
という2点が違うんだと思います。
つまり、現状の製品やサービスまたは変えたい製品やサービスありきです。

戦略コンサルファームと違って、デザインファームは既存の戦略の改良や枝葉の変更程度なのではないでしょうか。担当者も、戦略はオプションだと明言してましたし、戦略ファームとの競合は避けたいようでした。
もしかしたら将来的にデザインファームが戦略部門を持つことも考えられますが、そうなったら戦略部門とデザインファームの部門が連携して…とかなるんでしょうか。今一つシナジーが見えませんが。


さて、デザインファームにおいて実行はどういう扱いなのでしょうか。
結論から言うと、どうも実行(インプリ)は不可欠なようです。
そもそもデザインシンキングのプロセスにTest and improveという最終プロセスがあります
ので、実行はコンサルティングプロセスの一環なのでしょう。

今回お話しさせて頂いた担当の方も、実行の支援は当然といった話しっぷりで説明されていました。また戦略の青写真を描くことよりも、戦略にあったデザインを実現するほうが優先度が高いでしょうし、存在感を出せるんだと思います。

・デザインシンキングの最終プロセスがTest and improve
IMG_1111111_convert_20150118074107.png



3.米国と欧州ではデザインファームはどう違うのか?

私はこの点について、日本も加えてもうちょっと意見を集めてみたいところです。
担当者の方の意見としては、やってることはほぼ同じ。ただ、アメリカのデザインファームが伝統的にプロダクトデザインに強いのに対して、ヨーロッパのファームはサービスデザインやUXのような経験が絡む分野が強いと言ってました。

そう言われてみれば納得ですが、自分なりの仮説も無かったし、N=1なので、もうちょっと調べたり意見聞いてみたりしたいです。



(3)ではデザインファームでのプロジェクトで大事そうな点について書こうかと思いっています。


---

Category: 4. ESADE MBA - 4.7 Term5

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

シャムロック

Author:シャムロック
機械工学専攻→メーカーでエンジニア。
2013年の夏からスペイン、バルセロナにあるESADE business schoolに通いMBA取得を目指します。
技術的なイノベーションに興味あり。エンジニアの経験を活かして、技術と市場をつなぐ人になれたらいいな。

あと旅人です。旅が好き。写真も好き。いつか写真を撮りながら世界中を旅したい。
写真:http://fotologue.jp/shamrockairways/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。