スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

Strategic Business Simulation (3)

2014.05.26 Mon

ESADE business schoolのTerm-3、1年生の最後のタームを締めくくるのはStrategic Business Simulationです。
前々回、前回と、しんどかったこと、学びとか自信になったことについて書きました。
なので今回はオチについて書こうと思います。

このシミュレーションのチームは本当にしんどかったけど,仕事の結果はとても上手く行ってました。派手な成績は残していないけど、地味にきっちり稼いで行って、借金も全部返したあげくにキャッシュフローも潤ってました。

将来的には工場の買収と販売店の設立を目指そうって方向性だけ決めて時間終了です。目標には達さなかったけど、3位という結果が結果の良さを物語っていると思います。

さて、終わってプレゼンした後の質疑応答。

自分たちの経営は「保守的」であったと認識していたから、そういったことについて話しました。
が、これだけ上手く行ってたと思ったのに、それでも上手く行かないと思い知らされたことが2つ。
まさにどんでん返しといった感じの結論でした。

(1)配当は必須
これは日本の会社には必ずしも当てはまらないところもあるんじゃないとは思うのだけど。先ず、株主は配当を欲していると。もし利益が出て借金を返しているのだったら、きちんと配当を出しなさいと。君たちは利益を出していて素晴らしい経営陣だ、でももし配当を払わなければ、株主が株を売っぱらって経営陣を総取っ替えされることもあり得るんだぞ、と言われました。経営は優秀な経営陣なのに株主には良い経営陣ではないという、なんという皮肉。

(2)バランスシートは「軽い」とダメ
2番目は全くの盲点。借金が無い、現金がある、それらは素晴らしい。でも将来に対して投資していないため、バランスシートが比較的小さい状態になっている。そう言う会社が買われる対象になるんだぞ、と。投資のためにお金を借りてバランスシートを大きくしてレバレッジをかけておかないと、「買いたい」と思っている人たちの思うつぼだぞ、とのアドバイス。まあ確かに1000億利益上げていて借金無い会社と、1000億利益利益上げてるけど2000億投資して金を借りてる会社なら、前者の方が欲しいわな。2000億の借金なんて欲しくないし。本当にそんな発想無かったと痛感しました。


なんというカウンターパンチ!
ほんとうにビジネスって奥深いものだと痛いほど実感しました。

私も「保守的」な戦略が嫌いなわけではないので、今回の戦略のうち大きいビジョンにたいしては特に文句は言わなかったんだけど、それがこんな結果を生むとは思っても見なかったです。プレゼンの質疑応答の場では全く納得出来なかったし、はっきり言って少し腹が立ったし、結構ショックだったです。でも今になって冷静になって考えると、そういうものなのだなと納得できます。

この授業、本当にいい勉強になりました。
できれば…もっといいチームでやりたかったというのはあるけど、それでも「保守的」な戦略を取ったことからいい勉強をさせてもらったので,まあそれはそれで結果オーライかなと思います。

今週はテスト残りの2つとコンサルプロジェクトの発表。
それが終わるとついに夏休みです!
スポンサーサイト

Category: 4. ESADE MBA - 4-3. Term2 & Term3

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

シャムロック

Author:シャムロック
機械工学専攻→メーカーでエンジニア。
2013年の夏からスペイン、バルセロナにあるESADE business schoolに通いMBA取得を目指します。
技術的なイノベーションに興味あり。エンジニアの経験を活かして、技術と市場をつなぐ人になれたらいいな。

あと旅人です。旅が好き。写真も好き。いつか写真を撮りながら世界中を旅したい。
写真:http://fotologue.jp/shamrockairways/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。