スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

バスク地方でピンチョス食べ歩きを楽しむための準備

2014.03.31 Mon

今週末は時間があるのでバスク旅行の記事を書こうかと。

バスク地方でピンチョス食べ歩きを楽しむための準備として必要そうなことを書こうと思います。
主にサンセバスチャンを意識して書きます。ご参考まで。



1.事前の下調べはしっかりと

何事もそうだけど、とくにピンチョス食べ歩きには事前の下調べが必要だと思います。
サンセバスチャンで食べ歩きをする場合、私は宿でお勧めバル一覧を貰いました。しかし、スペイン人のお勧めが必ずしも日本人の口に合うかは不明なので、インターネットで検索して日本人の感想を集めておくと良いと思います。
(我が家は妻がやってくれました。お陰ですごく楽しめました。)

また、サンセバスチャンの旧市街はそんなに大きくないですが、狭い路地が続いて分かりにくいです。
行きたいバルの住所は予め把握しておくと良いと思います。

20140331025018a4d.jpg



2.スペイン語の単語は覚えておく

これは結構重要だと思います。
自分が食べたい物がなんと言うか分からないと結構しんどいですよね。英語ができる店員もいるにはいますが、どちらかというとバルは地元民で集まる場所と言う感じを受けました(行った時期によるのかもしれませんが)

また、スペインは本当に英語を喋れる人が少ないですし、英語を喋れてもスペイン語の方が全然良いみたいなので,少しでもスペイン語を喋れた方が(心理的なハードルと言う点で)断然意思疎通がしやすいです。
お店の人も外国人を相手にするのは警戒するのか、接客当初は緊張した顔をしてたりしますが、スペイン語を喋れると分かるとすぐに気さくな雰囲気になります。

牛肉、フォアグラ、タラ、タコ、イカ、玉子…そういったピンチョスに使われる食べ物の単語を覚えて行くと良いでしょう。また、会計時に困らないようにスペイン語の数字も1〜10くらいまでは覚えておいて損は無いと思います。

20140331023521ed8.jpg



3.視線に負けない!

ビルバオでは経験しませんでしたが、サンセバスチャンでは東洋人が珍しいのか、結構ジロジロ見られました。
特にバルで食べている時に老夫婦からジロジロ見られました。もしかしたら観光客が少ない時期だから余計目立つのかもしれません。
バルセロナやマドリードのような大都市/観光地ではそんな経験をすることは皆無ですが、地方となると別なようです。
私はスペイン南部や中東でジロジロ見られることを経験したことがあるので、まあそんなもんかという感じで流しましたが、妻は初体験だったこともありいい感じはしなかったようです。


もしバスクに行って食べ歩きを楽しみたい方は、是非事前の準備をしっかりと。旅が一層楽しくなると思います!

20140331024128bab.jpg

-
スポンサーサイト

Category: 9. Travel - 9.2 スペイン国内旅行

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

シャムロック

Author:シャムロック
機械工学専攻→メーカーでエンジニア。
2013年の夏からスペイン、バルセロナにあるESADE business schoolに通いMBA取得を目指します。
技術的なイノベーションに興味あり。エンジニアの経験を活かして、技術と市場をつなぐ人になれたらいいな。

あと旅人です。旅が好き。写真も好き。いつか写真を撮りながら世界中を旅したい。
写真:http://fotologue.jp/shamrockairways/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。